猫サマ至上主義!溺愛主義!にゃんだふぉー!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残された時間
2009年02月03日 (火) | 編集 |
いったい、うーくんは、どうなるのか?
完治して、元気になれるのか?
そう、先生に問うと、
「これだけ皮膚に転移してるのであれば、内臓にも転移していると思います」
後日、入院して、詳しく検査する事になる。

結果、内臓は、腫瘍だらけ。
唯一、血液には転移していなかった。
「酷なようですが、こんな状態で、何故、生きていられるのか?説明がつかない」
「普通の子なら、とっくに亡くなっています」
でも、ご飯も食べて、キャットタワーに登ったりしてる
うーくんを見ているので、現実が受け止められずにいた。
DSC_0019.jpg

末期癌なのに、テーブルの上にジャンプ!
タバコを動かして、遊ぶ、うーくん

残された選択は2つ。このまま治療をせずにいるか
完治はしないが、日々の生活に、痛みや、苦痛が軽減されるケア重視の治療。
もっと早い段階なら、色々な治療の選択肢があったかも知れない。
「助からないのなら、残された時間を、苦痛を感じず過ごして欲しい」
「その為の治療をお願いします」抗がん剤、ステロイド投与は避けたいと
意向を伝えると

「活性化リンパ球療法」
と言う治療法があると、教えて頂く。
ただ、費用が高いので、よく考えてから、お返事下さいと
お話くださったけど、答えは決まっていたのでお願いすることにした。
「活性化リンパ球療法」とは、人間のがん治療と同じく
自分のリンパ球を取り出し、2週間かけて、培養し活性化させて体内に戻す。
抗がん剤などの副作用もなく、生活のクオリティーをあげる治療。
(ただし、リンパ腫には、向かない治療です。)

この治療のお陰で、
亡くなる直前まで、みなと遊び、ご飯もしっかり食べて
末期がんにも、関わらず体重も増えた時期もあり
やせ細り、衰弱していく最悪の事態は避けられたと思っています。
最後は、血液に転移、41度の高熱が続き、
それでも、頑張って、生きた、うーくん。
「雲丹ちゃんの、生命力の強さには、驚かされます」
「本当に、よく頑張ってくれましたね」そう、おっしゃって下さった先生。
本当に、懸命に治療して下さいました。

うーくん2

亡くなる2日前の、うーくん

うーくんは、一生懸命生きてくれました。
教えられることもたくさんあり、泣いたり、笑ったり
かけがえのない6年間を一緒に過ごせた事に、感謝の気持ちでいっぱいです。
「うーくん、ありがとう!」

他の子たちと同じく、この猫鼻で活躍できるよう、
私のHNは「雲丹」致しました。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します。
コメント
この記事へのコメント
★ 優美ちゃん

ご無沙汰しております。
うししちゃん、ご機嫌さんで過ごしてますか?

うーくんのことは、いまだに後悔あり。
セカンド、サードピニオンを受けるのも大切だと知りました。
その病院、病院で持つ治療法、情報、考えは
同じであったり、違ってたり・・・
人間と同じく、早期発見、治療が大事だと
思い知りました(涙)

たくさんいすぎて、大変です。
お子のため、頑張って働きたいと思っております。
これからも、宜しくお願い致します。
2009/02/05(木) 00:00:26 | URL | 雲丹 #-[ 編集]
v-344優美サマ

いらっしゃーい!
うーくん、ほんまめっちゃ頑張ったん。
そして雲丹サンも。

ワタシも、いざっていうとき
ちゃんとりぷちん守れるかしら?とか
イロイロ考えさせられたぢょ。
2009/02/04(水) 13:04:43 | URL | りぷりぷ #GMs.CvUw[ 編集]
おじゃましますー。
うーくん、よく頑張りましたね(T_T)
リンパを培養して…というのは初めて聞きました。抗がん剤ステロイドは抵抗あるというか、いやその時になったら必要で選ぶかもだけど、最善の方法を考えるときに選択肢は多い方がいいので参考になります。
うーくんとのいろんなお話も含め、これからも記事楽しみにしてます。
ほんまにたくさんの可愛い猫ちんと暮らしてるんですねー(^-^)
2009/02/04(水) 09:07:53 | URL | 優美 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。